2015年8月24日月曜日

第10回 ImageJを用いて画像の周波数表現を理解する(その5)で学ぶ!

この記事は、参考記事を援用して、筆者の考えも交えつつ、記述させていただいております。

第6回から連続してMTFを説明しました。今回は、前回に続き、デジタルMTFを測定する場合のエリアシングのオーバーラップを避けるための論拠に基づく矩形波チャートを用いたImageJでのMTF測定方法を説明します。

2015/8/24現在、デジタルチャートの入手ができておらず、詳細な情報をまとめきれておりません。申し訳ございません。
プラグインのご紹介はさせていただきましたので、ご参考になれば幸いです。

既知のBar Patternについて基本周波数の振幅(MTF)が算出できるImageJプラグインに「measureMTF.java」プラグインがあります。
これはテキサス大学のJeffrey Kuhn氏によって作られたプラグインです。

http://rsb.info.nih.gov/ij/plugins/mtf.html


参考記事:「山本修司:ImageJで学ぶ実践医用・バイオ画像処理.INNERVISION(20・10) 2005, p119-121

0 件のコメント:

コメントを投稿